2006年11月07日

作品エピソード〜副会長シリーズ〜

今日は朝から雨です。しかも雷も唸ってるし。
タイヤ交換をしようかと思いましたが、出来そうにありません。
部屋の掃除でもしようかな(笑)

先日、「でじたる書房」に作者登録しました。
作品は現在編集中、読み返しながら加筆、修正してると、
粗が目立ってるなぁって、感じました。
主に、情景描写と、台詞の追加をメインに直してます。
大筋は変わりませんが、少しは読みやすくなってるかと思います。

つうか、そうなっていて欲しい(笑)


さて、本題に戻りましょう。
「幼なじみは副会長シリーズ」は、一見FFっぽいですが、根っこは違います。
FFにしたくないけど、アニメを元にした作品を書きたい。
そう考えた結果が、コスプレ。
コスプレヤーさんは、様々な衣装を着て、そのキャラになりきる。
これは使える、そう思いました。

これによって、作品を知らない人にとっては、くそ(こら)面白くもない作品だと思います。

現在、第三弾まで書いてます。
第一弾は、ガンダムシード。
第二弾は、エヴァンゲリオン
第三弾は、ジブリ(ナウシカ、もののけ姫等)

となってます。作中にその他、細かいパロディが入ってますけど(笑)

キャラの名前は、シードから取ってます。
ただ、リオは、「リオでカーニバル」というアニメ? なのかどうかよく分かりませんが、何か記憶に残っていたのでそこから取りました。
「リオでカーニバル」って結局何?(笑)

アニメ作品のエピソードと、学校で起こりうる行事や出来事をリンクさせるのが結構苦労します。
いくら好きな作品でも、使えないのもありますから。

次回作の予定は「ローゼンメイデン」でしたが、
まだアニメを全部見れてません。
「地獄少女」もちょっと気になります。
posted by 沙月涼音 at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

作品エピソード〜その羽は何処へ〜

FMラジオから、ポルノの歌声が聞こえてきて。
何故か、ユースケサンタマリアの顔が浮かんだ涼音です(笑)
それは何?似てるって事?声が?ん〜

さて、この作品は、その殆どはノンフィクションです。
ある日、友達から私の携帯に電話が掛かってきまして。
何でも、彼氏にフラれたとかという内容でした。
確か、電池が切れそうになって、充電器のコードを挿して、彼女の話を聞いた覚えがあります。

そんな中で生まれたのが、この作品でした。
これは、いわゆる彼女への応援歌的な感じで書いたのです。
回想シーンが多いのもその為で、全てのシガラミを捨てて、彼の思い出は帰り道の間に忘れちゃえ!みたいな感じでした。
最後に、彼と繋ぐ携帯を捨てるのも、決別をイメージしたものなんです。
ただ、小説という作品と呼べるかどうかとは別で(苦笑)
ノンフィクの中にも、もっとオリジナル要素をもっと入れて、その後の彼女も書くべきだったかなぁ、とも思いました。
その辺が、まだまだ私の力不足なのでしょうね。

恋愛モノって簡単そうで、難しいです。
このジャンルを書ける作家さんは凄いです。

そして彼女は、今でも私の大切なお友達です。

そんな作品はこちら

http://ncode.syosetu.com/n5659a/
posted by 沙月涼音 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

作品エピソード〜ココロのおとしもの〜

私の欠点を露呈した作品ですふらふら
感想コメントを残してくれた方々には、感謝しております。
何が自分に足りないのか、どれだけ独りよがりだったか気付かされました。
この作品に限った事ではないのですが、これが一番だったかもしれません。

この作品のテーマは「衣替え」でした。
単純に外見だけじゃなく、内面的な部分の成長を描きたかった。
というのがあって書き始めたのですが、感想の殆どというか、全部が、
「動機」が弱い、ということでした。
主人公は「自殺」とう人生で最大級の決断を下します。
その、大切な部分が非常に弱く、希薄な作品になっています。
正直、軽率すぎたのかもしれません。
それから、全体を通してかなり「説教」くさい。
書いている時は、そんなつもりは無かったのですが、言われてみれば確かに説教が「ウザイ」感じがしています。
もっと、煮詰めてキャラや感情等を練っていれば、もう少し変わったのかもしれません。

当初は恥ずかしいので、削除も考えましたが、今は、私の成長に役立ってくれた大切な作品だと思っています。
実際、成長してるかどうかは分かりませんが…

そんな、反省しきりの作品はこちら

http://ncode.syosetu.com/n6805a/
posted by 沙月涼音 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

作品エピソード〜あなたの願いはなに?〜

ラストにたいして、賛否両論を招いているある意味問題作です(笑)
本編では、主人公がピアスをつける所で終わっています。

コメント返信でも「ラストはあれで終わりです」と言っています。
ただ、それは完成した作品であって、初期プロットでは
ちゃんとラストは存在していました。

「じゃぁどんな?」と思われますよね?
今回は、その初期プロットのラストを延べてみようと思います。


主人公はそのピアスで、恋人が欲しいと願います。
それは、漠然としたものではなく、憧れていた人と結ばれる事だった。
そして、それは叶い、幸せの日々を送ります。
しかし、その彼氏は主人公の親友の元カレだったのです。
彼は、主人公と付き合っている事を元カノに、主人公の親友の元カレだったという事実をそれぞれ隠していました。
ある日、その事が主人公と親友にバレてしまい、三人の仲がちぐはぐになってゆきます。
そして、小さなわだかまりが大きくなり、主人公は親友を殺したいほどの憎悪を燃やし、ピアスに願ってしまいます。
親友は原因不明の高熱にうなされ、そして息絶えます。
と、同時に主人公の精神は崩壊し、その後を送る。


という内容でした。
かなり暗く、後味の悪い感じになったので、いっそ後半は省き読者が想像出来るような作品にしてみようと思ったのです。
こんなのでも、ラストはあった方が良かったのかもしれませんが……

それから、この作品にはまったく違うモノも存在していました。
完成もさせたのですが、未だお蔵入りです(笑)

そんな、「あなたの願いはなに?」はこちら

http://ncode.syosetu.com/n5528a/
posted by 沙月涼音 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。